普段の自分のおりものの状態を知る

おりものが最近多い気がする

ニオイやかゆみがある

これって、病気かな、、、感染症かな、、、

それともこれは私の体臭なのかな?

もしなんでもなかったら病院に行くのも恥ずかしいし

 

そんなデリケートゾーンの悩みを持っていませんか?

 

普段から自分のおりものがどうなのか、自分の正常がどんな感じなのか知っていないと、異常に気がつくのもなかなか難しいし、病院に行く勇気もなかなかでないと思います。

 

でも、おりものはあなたにいろいろなことを教えてくれていようとしています。

 

それは一時的なストレスや疲労からの膣内フローラの乱れかもしれない。でも、クラミジアや淋病といった、放っておいては大変なことになってしまう感染症かもしれない。

 

クラミジアや淋病は性感染症で、女性には重症になるまで症状がほとんどないことも珍しくありません。重症化すると、突然倒れてしまうほどの腹痛に襲われたり、長い間子宮や卵管の中で炎症が起こり続けていたことにより不妊になってしまうことも。

 

結婚をして、妊活をして、不妊とわかり、その理由がクラミジアや淋病だったら、あなたはずっと何年もおりものが気になってはいたのに何もしないでいたのが原因だったとわかったらどう感じますか?

 

そうならないためにも、おりものやデリケートゾーンの変化が気になったら、恥ずかしがらずに受診をしておきましょう。どうしても病院に行くのが恥ずかしかったら、郵送検査という手段もあります。

また、自分の正常のおりものがわからない?とお困りですか?

 

そんなあなたこそ、一度しっかりと検査することをお勧めします。以下の検査項目が含まれているものがいいでしょう。

 

淋病

クラミジア

トリコモナス

膣カンジダ

細菌性膣症

膣炎

 

さらに心配な人は

 

マイコプラズマジェニタリウム

マイコプラズマホミニス

ウレアプラズマパルバム

ウレアプラズマウレアリチカム

 

も含まれているものを検査すると安心でしょう。

 

もし感染が見つかったら?それはそれでいいのです。少しでも早く治療を始めれば、体への負担やダメージが少しでも少ないうちに治せるのです。そして、完治した後からがあなたの「正常」なのです。これからはもっと早く気づいてあげられるように、今度は普段からよく観察しておきましょうね。

友だち追加

ご相談はLINE@をお気軽にご利用ください

このサイトは株式会社アイ・ラボCytoSTD研究所の運営サイトです

株式会社アイ・ラボCytoSTD研究所

東京都八王子市下恩方町560-6

Phone:042-652-0750